プログレスについて

プログレスの教育方針・理念についてのご紹介

教育原点

プログレス代表 前田かほる 「ほら、ね」 園舎の影を落とす園庭にしゃがんで、日なたの白い砂と日陰の黒い砂に小さな両手をあてて遊んでいる私の顔を先生がのぞきこんでいる・・・。 「北風と太陽」のお話の後で、お日様の恵みを教えてくださった幼稚園での記憶です。鮮やかな感覚を通して、私が太陽を理解した瞬間でした。 私が幼児教育を考えるときの原点はいつもこの情景です。 子どもはことばではなく五感を通して学ぶ 子どもは深く印象に残る体験から学ぶ 子どもには感じとらせることを優先し、大人は教えない 我々の教育の出発点は常にここにあります。

プログレス教育研究所 創立者 前田かほる

教育理念

子どもたちの成長と合格には理由があります

子どもの様子プログレスはこんな子供を育てます

1.意欲と自信に満ちたいきいきとした子ども

2.どんな課題も興味を持って楽しめる子ども

3.粘り強く、最後までやり抜くことができる子ども

7つの学習の基礎力

プログレスで入学後の学習や生涯に渡って必要となる 「7つの基礎力」が身につきます。 この7つの力こそが、受験合格の大きな要因なのです!

  • 1.生活スキルとマナー・対人関係能力
    自分の生活を自分で進める力。家族、先生、友人と良い関係を結ぶ力
  • 2.見る力
    ものをきちんと見て、細かな違いを認識できる観察力
  • 3.話す力
    自分の考えを相手に伝え、コミュニケーションできる力。人前で意見を述べる発表力
  • 4.運動能力・巧繊性
    自分の体を自分でコントロールできる力字を書く、絵を描く、工作をする時などに道具をきちんと使う事ができる力
  • 5.空間の力
    上下左右等の位置関係、長さ、高さの空間を認識できる力
  • 考6.える力
    自分で新たな課題を発見して考えを進めていく力、工夫を生み出す発想力、考えを合理的に進める総合的な思考力
  • 7.聞く力
    先生の話を聞いてその内容が理解できる力、要点把握力

3つのポリシー

  • 教えこまない。訓練しない。遊びや普段の生活こそが大切な学びの場
  • 自分で考えて「できた!」体験の繰り返しで育つ、自信と意欲
  • 自分を試し、他者を認める集団授業

プログレスメソッド

  

お子さまの能力にピッタリ合ったオーダーメイドのカリキュラムとプログレス独自の教育システム「プログレスメソッド」で着実に学ぶ力がアップします。

1.診断発達心理学や行動科学に基づき、お子様の診断を行います。診断は定期的に行い、変化に応じてカリキュラムを見直します。

2.指導診断に基づき、お子さまだけの個人指導用学習プログラム(オーダーメイドカリキュラム)を作成します。発達進度や子どもの傾向に合わせて先生を選択。問題を解く場合も答えを教えるのではなく、自ら考えるように導く「対話学習方式」で指導します。

3.カウンセリング生活環境が子どもに与える影響を分析し、家庭環境のどのような見直しが必要かアドバイスします。志望校合格に向けた能力アップの方法について、通常授業後のフィードバック、講習後の面談、ペアレンツセミナーなどを通して指導します。ペアレンツセミナーでは、上記の内容に加えて、ご両親自身の成長へ向けた、アドバイスも行います。実施内容は年齢別ペアレンツセミナーの他にMBTI、子どもへの接し方ワークショップ、家庭学習勉強会などを行なっております。